農家の将来を本気で考え、ワクワクする将来を追及する ソーラーシェアリング実践道場

新着記事

永続農家推進協議会とは

 現在、農家様においては「高齢化問題」「後継者問題」 「遊休地の問題」「収入の確保」「農家の将来に対する不安」等、多くの問題点や不安を抱えていらっしゃいます。
 私たち「永続農家推進協議会」では、「農家の」「農家による」「農家のための」協議会と位置づけ、年6回お集まり頂き、ゲスト講師を招いた勉強会や会員による情報交換会、農地活用事例の現地見学会などを無料で開催しております。
 協議会発足以来、農家の新しい収入源として、農業とエネルギー問題の解決を両立する営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を農家永続のための未来の農業ととらえ、その実践を本会の柱として活動してまいりました。
 会員同士が実際にソーラーシェアリングに取り組むことでノウハウを蓄積し、互いの経験をぶつけ合い切磋琢磨することでさらにシェアリングに対する取り組みを高めていく。まさにソーラーシェアリングの実践道場としての役割を果たしてきました。
 協議会には榊やブルーベリー栽培の専門家、経営コンサルタント、営農型太陽光発電の普及に取り組む社団法人の代表理事など多数の専門家も会員としてご参加されており、ソーラーシェアリングについて広範囲にわたり知見を深めることができます。
 例会後は毎回懇親会を開催し、会員同士が本音で語り合い、ソーラーシェアリングに取り組もうという方には大変有益な楽しい情報交換の場になっております。
 是非多くの皆様にご入会頂き、ソーラーシェアリングや新しい農業について一緒に考え取り組んでいくことで、農家を取り巻く諸問題を解決し農家の明るい未来を創造したいと考えています。
 ご賛同される方のご入会をお待ち致しております。
 

 (注:永続農家推進協議会への入会は無料です。)
 (注:定例会はWEB形式で開催しますので、全国どちらからでもご参加が可能です。
    どちらに在住の方でもご入会いただけます。)  

 

永続農家推進協議会定例会 開催予定表

 回 日付 タイトル 内容 講師
32

4/10
(土)

開催済


今の農業をしながら更に年収をアップする手法

(リアルオンライン同時生中継を実施)

①2021年以降の農業の在り方について 

②令和3年度の効率的農業について

(ゲスト講師:(一社)ノウチエナジー酒本道夫様)

(ゲスト講師:
(株)船
井総合研究所 青柳圭祐様)

33

6/5
(土)

開催済

【再エネを取り巻く日本情勢とソーラーシェアリングの展望】

【永続農家推進協議会会員様近況報告】
 
(Zoom使用) 

 

第一講座 【再エネを取り巻く日本情勢とソーラーシェアリングの展望】

第二講座 【永続農家推進協議会会員様近況報告 ソーラーシェアリング事業を振り返って】


第三講座 【永続農家推進協議会会員様近況報告 徳島からのレポート&ドローン空撮など】

その他  【野田建設がお伝えするお知らせ】

 第一講座
(株)船井総合研究所 スマートエネルギーグループチームリーダー 青柳 圭祐様
 
第二講座
ツットモ農園 代表取締役 辻 朋宏様

第三講座
(株)阿波藍菜ファーム 代表取締役
 山口 和彦様

 

34

8/7
(土)

 調整中    
35 10月
調整中 

 調整中

   
36

12月
調整中

 

 調整中    
37

2月
調整中

 

 調整中    

※セミナーの日程及び内容は予定であり、変更になる可能性があります。

 

~営農型太陽光発電を通じて持続可能な社会を実現~


 私達は農業 × 太陽光を通じて50年先、100年先も安心して豊かな
社会を実現できる提案を行っています。
持続可能な社会の実現に向け、地球にやさしい環境経営を目指します。
 

 

 SDGsの達成を目指します 

農業とエネルギーの普及により、
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
13.気候へんどうに具体的な対策を
15.陸の豊かさも守ろう
の達成を目指します。

営農型太陽光ってどんなもの?

 営農型太陽光とは、農地の上に足の長い架台を設置し、上空に太陽光パネルを設置することで農業と太陽光を同時実現する手法を言います。こうすることで、農業と太陽光を同時に行い、エネルギーの地産地消も可能となります。